アニメに関わる仕事に就こう!!

アニメーションは日本文化の一つと言ってもよく、専門技術を学ぶことで働きがいのある関連職種に就くことが可能です。

高校からアニメについて学習するメリット

no.1

アニメに特化している

アニメの専門知識やスキルを学習するために効率的な専門に特化しているコースを選択できる。

no.2

短期間で学ぶことができる

高卒の資格を取得しつつ専門知識を身につけることが可能であり、大学で学ぶよりも前に修了できます。

no.3

就職先を見つけやすい

アニメ専門の知識やスキルがあるため有利であり、先輩が活躍している会社など就職先が見つけやすい。

no.4

チーム仲間を作りやすい

同じ志を持つ仲間と出会えたり、チームで協力して作品制作をする等の経験を積むことができます。

no.5

初心者でも始めやすい

アニメに関する専門知識のない初心者であっても始めやすく、本人次第でアニメ専門家への道が開けます。

描く人

高等部のあるアニメ専門学校では、アニメの専門科目と並行して高校卒業資格を取得することができるメリットがあります。中学を出てすぐに専門学校に入り、その後専門科目を学びながら高校の普通科の授業も受けます。その中でもアニメの専科が8割近くを占めるので、将来アニメに関係する仕事に就きたいと考えている人にとっては、メリットが大きいと言えるのです。高校の普通科の授業は通信制のノウハウで学びます。通信制のノウハウではネットで授業を視聴し、あとでレポートを提出すれば良いので、専門科目に集中することができます。専門科目では、実習の授業が主に中心となることから、将来アニメーターになった時に使える技術をいち早くマスターすることができるのが魅力です。高校の普通科の単位は、カリキュラムに合わせて受講すれば取得可能です。

10代でプロとしてデビューすることができる点が、アニメの専科のある高校が評価されている理由です。アニメ業界ではできるだけ早くデビューをして経験を積み、アニメーターとして独り立ちすることが何よりも重要なことです。そのため、最も近道だと言われる高等部で専門科目を学ぶことができれば、誰よりも早くデビューを果たす事ができます。もちろん、アニメ業界の現状は厳しいと言われていて、中国やベトナムへの下請けも相次いでいます。厳しい業界で生き残るためには、若い時にできる限りの技術や知識を習得する機会に恵まれることが、将来への投資になると考えられているのです。中学を卒業してすぐにアニメの専科のある高等部で学ぶことはメリットが大きいです。専門学校生よりも2年早く卒業でき、プロとしての道を歩みはじめる事ができます。

広告募集中